ロードバイク通勤とセルフケアで身体が絞れた

スキルアップアップのためのトレーニングを
してみました!

乗るなら早く走りたいですよね。

室内でまず、セルフケアをしてました。

乗った後のセルフケアは大事だそうです。

自分でケアしているのは
ハムストリングです。
座って深呼吸して行います。

スクワットです。
トレーニングでは、常にベストな状態で走りたいものです。

セルフケアをしてないと身体の調子が悪いまま
自転車に乗ってもパフォーマンスは上げられないですよね。

また有酸素運動についても探りました。

ロードバイクといえば有酸素運動ですよね。

30分以上の会話の出来るレベルでの運動ですよね。

自分のパフォーマンスを上げるには
この有酸素運動は必須ですね。

休みの日だけでは、効果の期待が
薄いので、通勤で走っています。

距離は15キロくらいですが、約30分くらい
です。

これを週に3回以上は行っていますので、
日常的な有酸素運動ではよいと思っています。

少しですが平日でこの通勤ライドを続けていると
休みの日にも長い距離が走れるようになります。

運動効果もありますが、何より
楽しいです。

通勤も最初は時間がかかっていましたが、
段々早くなってきました。

通勤ライドを始めては、
平常時の心拍数が下がりました。

これは心肺機能が強くなり
身体が引き締まりました。

脚も細くなりました。

一番良かったのは、自分自身がアクティブに
動けるようになりました。

手軽に15~20キロの移動も苦にならなく
なりました。
ただ、筋肉の太さは細くなったように
あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です