ロードバイクの効率よいペダリングは?

片足でペダリングで

早くなりかつ、疲れにくくなるために
どういったペダリングが効率がいいのか、
探ってみました。

そこが重要かと思いました。

片足ペダリングは、これまでも知っていましたが、
「引き脚」が有効につかえるようになる事だと
思っておりました。

スムーズに回せないのは、引き足が上手く使われてない事ですね。

両足でペダルすると分かりません。
上支点から少し前にいったところで、踏み込み

下支点から、靴の泥をぬぐうイメージで引き上げる。

というのがよく言われています、イメージですね。
新城選手の場合には
腰が安定していす。
早く回すと、腰が跳ねていました。

早く回しも腰が跳ねないのが一つの目安になるであろう
推測しました。
腰を安定させるには、背中を伸ばし、
背中の筋肉を意識して乗る必要があります。

これは、身体の幹の筋肉を鍛えるという事にも
繋がりスゴクいい練習だと思います。

太ももの後ろからお尻、背中の筋肉は、
身体の中でも大きい筋肉なので、疲れにくいです。

逆にふくらはぎなどは小さいので
乳酸もたまりやすく疲れやすいです。
大きい筋肉を使うのがポイントで、
それがまた、ペダリングをぶれなくする方法でも
あるのですね。
実走行だとなかなか分かりにくいですが、ローラーだとすぐに
分かります。
今は、3本ローラーを使用していますが、
本当にすぐ分かります。
効率のよいペダリングが出来るように
なるために、今日も練習する私でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です